So-net無料ブログ作成
検索選択

火垂るの墓 金曜ロードショー あらすじ ネタバレ [金曜ロードショー]





hotarunohaka_01.jpg
今週の金曜ロードショーは「火垂るの墓」

最新作「かぐや姫の物語」公開記念して高畑勲監督の代表作を放送となります!



では、ザッとあらすじを↓↓↓
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昭和20年6月。神戸に空襲警報が鳴り響いた。
14歳の清太は心臓の悪い母を先に避難させ、家を片付けてから妹の節子を背負って逃げようとするが、道は火の手に閉ざされてしまう。
炎を避けて海へ向かい、空襲がひと段落した後で街に戻った清太が目にしたのは一面の焼野原だった。
そして避難所である学校へと向かった彼は、変わり果てた姿になった母と対面することになる。

母が死んだことを節子に言い出せないまま、西宮の遠い親戚の元に身を寄せることになった清太。
海軍大尉の父を持つ清太が焼け跡から掘り出してきた珍しい品々に叔母は喜び、清太と節子を歓迎するが、次第に2人に辛くあたるようになる。

学校や学徒動員へも焼けてしまったのを理由に行くことなく、家でゴロゴロしている清太と、場所も時間もわきまえない節子の無邪気な言動に耐えられなくなってしまったのだ。

一方清太も、母の着物で手に入れたお米を自分の子どもたちにばかり食べさせる叔母のあからさまな意地悪と口の悪さに我慢の限界を迎え、ある日、叔母の家を出ることを決意。

空襲のたびに避難していた誰も使っていない池のほとりの防空壕で、節子と2人で暮らすことにする…。



~~~~~~~~~~~~

ネタバレとしては、、、
最後に節子は栄養失調で亡くなってしまい、
妹を失った清太も最後には、抜け殻のように路肩に力尽きて居るシーンで終わります。


戦争と生きる力をとても感じられる名作ですね。








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。